【アミノ酸】ダイエット・体作りにおける効果的な活用術を徹底解説!

スポンサーリンク

アミノ酸ダイエット(アミノ酸+適度な運動)が最強の組み合わせ!

いきなりですが、アミノ酸を摂取するだけでは痩せません(汗

 

勘違いがあるといけませんので、冒頭でお伝えしておきます。

 

というより、むしろアミノ酸の過剰摂取は痩せるどころか、肥満につながります。

 

アミノ酸は、ダイエット・体作りにおいて運動(筋トレ・有酸素運動等)と組み合わせて使用したときに初めて真価を発揮します。

 

今回は、そのアミノ酸の効果と効果的な活用方法等について紹介していきますので、良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

アミノ酸とは

「アミノ酸」の画像検索結果

アミノ酸とはタンパク質を構成している成分。

 

人間の体は、60%が水分、20%がタンパク質、残りが脂肪・糖質・その他成分で構成されています。

 

体の20%を占めるタンパク質ですが、おもに筋肉や内臓、血中のヘモグロビン、髪や皮膚のコラーゲンなどの組織を作っているのです。

アミノ酸の種類

アミノ酸と呼ばれる成分は、自然界で500種類以上発見されていますが、タンパク質を構成するアミノ酸は20種類。

 

さらに、その20種類のアミノ酸は2つのグループに分けることができます。

 

1.必須アミノ酸

体内で合成することが出来ないため、食事等によって外部から取り入れなければならない。

 

2.非必須アミノ酸

体内で合成することが出来る。

 

今回注目するのは、体内で合成できる非必須アミノ酸ではなく、外部から摂取するしかない必須アミノ酸となります。

 

なぜなら、部摂取しか方法がないということは、逆に言えば意図的に効果的なアミノ酸の摂取が可能となるからです。

 

スポンサーリンク

アミノ酸の効能

「効く」の画像検索結果

ダイエット・体作りに効果的と言われるアミノ酸ですが、成分1つ1つに様々な効能があります。

 

必須アミノ酸の成分ごとの効能はこちら

必須アミノ酸と準必須アミノ酸

出典:https://mutenka-life.co.jp

※準必須アミノ酸とは、一般的に非必須アミノ酸に分類されているが、乳幼児が体内で十分な量を生成することができない為、中間的な位置づけとされている成分

 

上記の図を見ていただければ、アミノ酸の様々な効能を理解いただけると思いますが、ダイエット・体作りという観点で見た場合、特に注視したい成分は ⇓

 

バリン

ロイシン

イソロイシン

 

この3つの成分は、併せて「BCAA」と呼ばれ、筋肉を作るために欠かすことのできない栄養素なのです。

 

なお、BCAAを多く含んでいる食品類は、肉、魚、鶏卵、大豆製品となります。

スポンサーリンク

アミノ酸を使ったダイエットとは

ここまでのおさらいです。

1.アミノ酸は体内のタンパク質を構成する成分

 

2.タンパク質を構成するアミノ酸は、必須アミノ酸(外部からの摂取が必要)と非必須アミノ酸(体内で合成可能)に分けられる。

 

3.ダイエット・体作りで最も大事な(摂取すべき)アミノ酸は、必須アミノ酸であるBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)

 

それを踏まえて、次は、そのアミノ酸をダイエット・体作りにどのように活かしていくかを紹介していきます。

 

アミノ酸を使ったダイエット・体作り(以下、アミノ酸ダイエット)の仕組みは至ってシンプルです。

 

1.筋トレ

・筋肉を損傷させる

 

2.超回復 <ここでアミノ酸投入!>

・人体の自然治癒能力 ➡ 筋肉は損傷すると、損傷前より筋肉総量を増やし再生する。

 

1~2の繰り返しにより、筋肉を鍛えていきます。

 

筋肉を鍛えることで得られるのは、基礎代謝機能の向上です。

 

基礎代謝機能が向上すれば、脂肪の燃焼・消費カロリーがどんどん増えていき、摂取カロリーを上回ったその時が、<痩せる>といった現象が起きる時なのです。

 

アミノ酸と組み合わせたいオススメ筋トレはこちら ⇓

摂取のタイミングと量

アミノ酸(BCAA)を摂取するベストなタイミングは ⇓

 

1.運動30分前
2.運動中

意外と時間的な幅は狭いです。

 

そして、一回の運動につき摂取したいBCAAの量は約2,000㎎以上とされています。

 

BCAA2,000㎎以上と言われてもピンとこないかもしれませんので、食品に置き換えるとこちら⇓

 

鶏卵2個   ➡ BCAA 2,610㎎

 

牛乳400ml ➡ BCAA 2,480㎎

このように必要量を食品から摂取することは、運動直前、運動中に摂取するには若干きつい気もしますが、可能ではあります。

 

ですが、アミノ酸を直接摂取するのとは違い、食品から摂取する場合、一度食品のタンパク質を分解・消化する必要があります。

 

つまり、アミノ酸を体内で合成するまでに時間がかかってしまうということです。

 

これは、筋肉を鍛えるために一刻も早くアミノ酸を補給したい場面では大きなマイナスとなってしまいます。

 

そこで、おすすめしたいのがサプリメントによるBCAAの効率的な摂取です。

 

食品からの摂取とは違い、体内に吸収されやすいというメリットもありますし、運動直前・運動中でも気軽に口に入れることができます。

 

おすすめはこちら ⇓

同封のスプーン1杯で、7,000㎎のBCAAが補給できます。

 

ダイエットとして使用する分には、正直7,000㎎は多すぎる感があるので、スプーン半分で3,500㎎をトレーニング1回につき補給しても良いかと思います。(スプーン半分なら180杯分なので、毎日使っても半年もちます。)

 

味もレモン、マンゴー、グレープ、オレンジ、パイナップル、アップル等々、数が揃っていますので好きな味を探してみて下さい。

 

ちなみに管理人は、レモンライム味が好きで、スポーツドリンクにスプーン半分の量をいれて使っています。(好みには個人差がありますのでご注意を(笑)

スポンサーリンク

アミノ酸ダイエットのメリット

「ダイエット」の画像検索結果

アミノ酸ダイエットは、開始1週間で効果が出たり、すぐに10㎏以上痩せれるなどの即効性のある類のものではありません。

 

ですが、このダイエットは、長期的な目線で見た時に、体にとって最も効率的なメリットをもたらすしてくれます。

 

アミノ酸ダイエットのメリット ⇓

1.食事制限が一切ない

勿論、健康を意識するならば、暴飲暴食癖のある方は、控えた方が良いかとは思いますが、極端な食事制限をしなくて良いというのは、長く継続するには非常に大切な要素です。

 

2.栄養補給+運動により健康的に痩せれる

ダイエットは痩せれれば何でも良いというわけではありません。

 

どうせ痩せるのではあれば、同時に健康的な体を作り上げることは意識しなくてはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

何においてもそうですが、どんなものにも正しい使用方法があります。

 

それを守らなければ、当然期待する効果を得ることはできませんし、最高の結果を収めることはできません。

 

今回のアミノ酸についても同様です。

 

正しい使用方法をしっかりと身に付けて、効率的にダイエット・体つくりを実践していきましょう!

コメント